TOP
 
平成22年12月

 この砂張燭台は多量の錫が入っていると思われ、ずしりと重さのある銅との合金である。
芯きり壷を開けると蝋燭が立てられ、上と下で合計4本の蝋燭が立つ珍しい燭台で、オリジナルの芯きりも2本そろって古い箱に入ってどこに出しても恥ずかしくない立派な燭台である。
高さは43cm、重さは1個1,865g

※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます