TOP
 

平成29年10月


勢いよく描かれた瀬戸の行燈皿の内で多い
図柄の夕景帰帆図ではあるが直径が18cmと
ごく小さな部類に入ると思われる行燈皿が
置かれている。
本を読むためだけの高さが低く大きさも
小さな行燈です。
高さは48cm、幅は26cm
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます