TOP
 

平成30年4月


九州の上野焼(アガノヤキ)は小倉城主であった
細川忠興が朝鮮出兵の折、朝鮮の陶工を連れて帰国し、
彼らに陶器を作らせたのが始まりと言われております。
この燭台は高さが43cmと使いやすい大きさで、
上野焼の良さが出ているものと思われます。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます