TOP
 

平成30年12月


江戸時代に作られたと思われる緑に青がかかった珍しい
色の行燈皿の上にめったにお目にかかれない白い丸文が五つ
描かれており、その丸文の中に青でよろけ縞が四つずつ
書かれております。
直径はスタンダードの大きさの21.5cmです。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます