TOP
 

令和元年6月


この灯りは松の枝や根を乾燥させたものを、鉄を
組み合わせた台の上で燃やして灯りとして屋内で
使用したものです。
上の火台の大きさは28.5cmで高さは73cmもある大変
おおきな松灯蓋で、蝋燭や油が手に入りくい農家や地方
などで使われていました。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます