TOP
 

令和元年9月


この手燭の長さは24cm、幅12cm、高さ9cmの
大きさです。
材質は鉄でできており、火皿に銀で五三の桐と十六弁の菊が
二つづつ象眼され、その周りに唐草模様が象眼されています。
多分江戸時代と思われるつくりで、桐の箱には「象眼 
御手燭 一對」と墨書きされておりますが、一つしかありません。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます