TOP
 

令和2年7月


明治7年銀座に瓦斯燈が灯り、灯りとして電気よりも
早く普及したが、関東大震災を境に灯りは電気に代わって
いった。
この瓦斯燈は吊下げ形では大変長く110cmもあり、広い場所で
使われたものと思われる。火屋の径は15cm、火屋の
高さ14cmです。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます