TOP
 

令和2年10月


この皿の紋銘がわからず、骨董専門雑誌の編集に
問い合わせたところ紋銘は「数珠玉」という回答があり、
その編集でも初めて見たというほど 大変珍しい
織部行燈皿で口径は21.5cmです。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます