TOP
 

令和4年7月


このランプは船の壁に取付け、船が傾いても安定する
様に工夫されている大変珍しいランプです。
乳白のランプ笠は三本の真鍮の棒で支えるように出来ており、
ランプの笠の直径は18cmです。
ランプの胴体の中ほどに「日本船燈株式會社」という札が
ついて、全体の高さは43cmです。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます