TOP
 

令和4年12月


茶道で寒い時期に短檠の灯の下でお茶を楽しむ
夜咄の為だけに用いられる灯です。印章から見て9代
吉左衛門了入のものと思われる共箱に入っております。
9代は1756年から1834年に7代の次男として生まれ、
兄得入が隠居し1770年14歳で吉左衛門を襲名しました。
大きさは高さ36cm、台の直径は20.5cmです。
※写真をクリックすると拡大イメージがご覧いただけます